福岡の雑貨屋さん
トゥウィンクル トリップ
レモングラス/雑貨屋 太宰府
INCUBE_雑貨館インキューブ天神

雑貨関係
缶バッチ
オリジナルフィギュア
マステ

スポンサーサイト

上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  

Posted by スポンサー広告 at

2019年01月13日

お弁当の定番!アルミホイルで包んだ、美味しいおにぎり

お弁当の定番であるおにぎりを持ち運ぶとき、サランラップで包む人や、アルミホイルで包む人、包まずお弁当箱に入れる人もいるでしょう。


昔から私は、アルミホイルで包み持ち運んでいます。


サランラップを使うと、おにぎりを簡単に作ることができます。


しかし、サランラップの長所である“密封”は蒸れやすく、時間が経過したおにぎりが「ベチャッ」となってしまうため、美味しさを保つにはアルミホイルのほうが優れています。


できるだけ空気に触れたほうがよいおにぎりは、アルミホイルで包むと水分がこもらないだけではなく、べたつきもないため美味しく食べられます。


さらに、アルミホイルで包むと、美味しさが維持できるだけではなく、熱が逃げやすく、おにぎりの表面が乾くことによって、雑菌の繁殖を防ぎ、衛生面でも安心です。


また、多少手間がかかっても、サランラップを使って作ったおにぎりを、アルミホイルで包み直すと、衛生面も気になりません。



手でくしゃくしゃにし、表面がでこぼこしたアルミホイルは、より空間ができます。


包むときのコツは、このくしゃくしゃのアルミホイルで「フワッ」と包むと、お米がくっつかない表面が乾燥した美味しいおにぎりが食べられます。



昔からアルミホイルで包んだおにぎりを持ち運んでいた私は、サランラップとの違いがわかりませんでした。


そんな中、サランラップで包んだおにぎりを持ってくる友人がいました。



そこで私も、サランラップに包んだおにぎりを数時間たってから食べたことがありました。



おにぎりを一口食べると、その違いがすぐにわかり、ふっくらとしたべたつきのない食感は断然アルミホイルで包んだおにぎりでした。


これからも私は、アルミホイルで包んだおにぎりを、美味しくいただきます。

  


Posted by yokaokabe at 00:02